林業振興へ人工林選別 岡山県、対象3分の2に絞る

2020/3/5 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

訂正> 5日20時に掲載した「林業振興へ人工林選別」の記事中、「ビジョンは20年度に初めて策定」とあったのは「2000年度」の誤りでした。(2020/3/6 16:42)

岡山県は森林や林業のあるべき姿や基本的な指針を示す「21おかやま森林・林業ビジョン」を改訂し、2020~29年度版として3月中に発表する。県内の人工林のうち林業に適するものを現在の3分の2の12万ヘクタールと明示し、適正な森林管理を目指す。適正な人工林規模の数値目標を示した事例は全国的にも珍しいという。

森林の荒廃を防ぐため国が19年度から運用を始めた森林経営管理制度を活用する。新制度では、林業…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]