中道結集でバイデン氏勢い トランプ氏に危機感

2020/3/5 19:12
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ワシントン=永沢毅】米大統領選の民主党候補選びは4日、穏健派のマイケル・ブルームバーグ前ニューヨーク市長(78)が撤退を表明して新たな局面を迎えた。中道派の結集でジョー・バイデン前副大統領(77)の勢いが増し、左派のバーニー・サンダース上院議員(78)が一転して追う立場に変わった。トランプ米大統領は再浮上したバイデン氏への警戒を強めている。

民主党の指名獲得に向けてバイデン氏とサンダース氏の一…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]