/

この記事は会員限定です

中道結集でバイデン氏勢い トランプ氏に危機感

[有料会員限定]

【ワシントン=永沢毅】米大統領選の民主党候補選びは4日、穏健派のマイケル・ブルームバーグ前ニューヨーク市長(78)が撤退を表明して新たな局面を迎えた。中道派の結集でジョー・バイデン前副大統領(77)の勢いが増し、左派のバーニー・サンダース上院議員(78)が一転して追う立場に変わった。トランプ米大統領は再浮上したバイデン氏への警戒を強めている。

民主党の指名獲得に向けてバイデン氏とサンダース氏の一騎...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1207文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン