/

オダサク小説に登場のクラシック

織田作之助の小説に登場するクラシック音楽を、当時のSPレコードで聴くイベントが12日、リーガロイヤルホテル大阪(大阪市)で開かれる。曲はサラサーテ「ツィゴイネルワイゼン」、フランク「ピアノ五重奏曲」など。短編「道なき道」のモデルになったバイオリニスト、辻久子のレコードもかける。「織田草之助」を名乗るオダサク倶楽部の高橋俊郎副代表とラジオDJの吉川智明さんが講師を務める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン