西部ガス、北九州をLNG輸出のハブに ノバテクと開拓

2020/3/6 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

西部ガスが300億円を投じ、液化天然ガス(LNG)供給拠点のひびきLNG基地(北九州市)を増強し、海外輸出に本格的に乗り出す。ロシアのガス大手ノバテクと3月中にも合弁販社を設立する見通しだ。国内のガス市場は少子高齢化や、ガス小売り自由化による競争激化で成長が見込みにくい。ノバテクと組んで、成長が見込まれる中国や東南アジアの需要を開拓する。

2014年に稼働したひびき基地は貯蔵用タンクを2基備え、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]