/

この記事は会員限定です

上場1カ月で下方修正 主幹事の「指導力」問う

IPOトレンド分析(中)

[有料会員限定]

IPO(新規株式公開)から3カ月で株価は3分の1――。パーソナルトレーニングジムを展開するトゥエンティーフォーセブン株の下落が続いている。きっかけは昨年12月20日に発表した業績予想の下方修正。「市場の信頼を失った。出直るには相当時間がかかるだろう」(国内運用会社)

下方修正の理由について会社側は「入会者が急減した」と説明する。だが、下方修正を発表したのは上場から1カ月の時期。2015年にgumiが上場から約3カ月で下方修正を発表し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1118文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン