金正恩委員長、韓国に親書 新型コロナに「勝利信じる」
文大統領あて 韓国大統領府が発表

2020/3/5 17:17
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=細川幸太郎】韓国大統領府は5日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長から韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領宛ての親書を受け取ったと発表した。親書は4日付で、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて「韓国が(ウイルスに)必ず勝ち抜けると信じている。南の同胞の大切な健康が守られることを祈る」と慰労する内容だったという。

韓国大統領府によると、文大統領の健康を心配したという=共同

大統領府関係者によると、金正恩氏の親書には、文大統領の健康を心配し変わらぬ友情と信頼を表す言葉が含まれていたという。文大統領は5日に感謝の意を伝える親書で返答した。

北朝鮮は3日、金正恩氏の実妹で朝鮮労働党第1副部長の金与正(ヨジョン)氏の談話で、ミサイル実験中止を求めた韓国大統領府を強く非難したばかりだ。これに対して大統領府関係者は「北朝鮮との意思疎通ルートを維持しており、互いに判断が異なることがある。我々は全体的な状況の中で判断する」と語るにとどめた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]