中部8行、新型コロナで特別融資59件 長期化に備え

2020/3/6 4:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの拡大で景気の減速が懸念されるなか、中部地方の金融機関が企業向け特別融資を増やしている。愛知、岐阜、三重県に本店を置く地銀8行は、直近1カ月で計59件(20億円超)を実行した。企業側は手元資金を厚めに確保しているが、生産や消費の先行きは依然見通しにくい状況だ。

特別融資は当面の運転資金や代替生産・調達などにかかる資金を対象に、元本の返済を一定期間は据え置けるなどが特徴だ。各行は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]