/

この記事は会員限定です

幸南食糧、地域農産物使った加工食品 精米の次育てる

[有料会員限定]

中堅コメ卸の幸南食糧(大阪府松原市)は農産物の受託加工に取り組む。5月にチルド(低温冷蔵)加工ができる新しい生産ラインが稼働。JAや農業法人と地域の農産物を使った加工食品を共同で開発し、幸南が商品を加工して納める。必要に応じて販路も紹介する。コメ離れによる祖業の精米事業の苦戦を受け、新規事業の育成を急ぐ。

幸南食糧は中小企業の後継者が新規事業に取り組む「ベンチャー型事業承継企業」として知られる。2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り523文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン