自粛緩和、3月半ばに判断 大規模行事巡り厚労相
参院予算委

2020/3/5 19:30
保存
共有
印刷
その他

加藤勝信厚生労働相は5日の参院予算委員会で、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた大規模行事の自粛要請について、3月半ばをめどに継続するかどうかを判断するとの見通しを示した。今月半ばに自粛要請を緩和できるかどうかについて「そこで一つの判断をしていくということになると思う」と述べた。

 参院予算委で答弁する加藤厚労相=5日午後

萩生田光一文部科学相は全国一律の小中高校の休校要請に基づき、5日朝の時点で99%の学校が「休校状態を維持している」と述べた。「学校給食に食材を納入する予定だった事業者などに少なくない影響が生じている」と指摘したうえで「長期にわたる臨時休業で生じる負担は、政府全体としてしっかり対応を検討したい」と強調した。

臨時休校について「急な要請だったので、各方面の皆さんに大変な負担をかけた」とも語った。自民党の小野田紀美氏への答弁。

参院予算委は5日、2020年度予算案の一般質疑をした。6日も一般質疑を開く。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]