静岡県内の市町、4割が歳出最大 施設整備や福祉で膨張

2020/3/5 16:25
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

静岡県内の静岡、浜松の両政令指定都市を除く33市町の2020年度予算案が出そろった。一般会計の総額は8938億円で、19年度当初予算に比べ2.4%増加し、4割の市町が過去最大規模となった。公共施設の整備・更新が相次ぐほか、子育て支援など福祉関連の歳出も増える。景気の先行き不透明感が強まるなか、財政健全化への目配せも欠かせない。

19年度当初を上回ったのは全体の7割に当たる23市町だった。このうち…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]