俳人 黛まどかさん 思う心「までい」未来に継ぐ
震災9年 被災地ゆかりの人に聞く

2020/3/9 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東日本大震災から9年。震災復興にゆかりの深い著名人8人に、この9年間の思いを語ってもらいました。第3回は俳人の黛まどかさんです。

俳人の黛まどかさんは東日本大震災前から、俳句などを通じて福島県や東京電力福島第1原子力発電所事故に伴う帰還困難区域が残る同県飯舘村と深い絆を培ってきた。震災から9年を迎えた今も被災地とのつながりを育んでいる。

――俳句を通じ、震災や原発事故の前から福島県や飯舘村との結…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]