九州の2月新車登録13%減、新型コロナで客足鈍る

2020/3/5 14:03
保存
共有
印刷
その他

福岡県自動車販売店協会がまとめた九州7県の2月の新車登録台数(軽自動車を除く)は、前年同月比13%減の2万5887台だった。5カ月連続で前年実績を割り込んだ。日本自動車販売協会連合会は、新型コロナウイルスの感染拡大で客足が鈍った可能性があるとしている。

熊本県が20.3%減となるなど、7県すべてで減少した。同会は新型コロナの影響で景気の先行きが不透明になり、消費者の買い控えにつながったとみている。2月中旬以降に発売されたホンダの「フィット」やトヨタ自動車の「ヤリス」など期待されていた新型車効果もあまり見られなかった。沖縄県の2月の新車登録台数は12.6%増の2432台で3カ月連続でプラスだった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]