アンジェス、新型コロナのワクチン開発へ

2020/3/5 13:00
保存
共有
印刷
その他

大阪大学発の製薬企業アンジェスは5日、新型コロナウイルスへの感染を防ぐワクチンの開発に乗り出したと発表した。大阪大学とタカラバイオと共同で開発する。動物試験などを行った後、早くて6カ月以内に臨床試験に進みたい考え。

アンジェスの研究開発風景

同社はエボラ出血熱や高血圧症を対象にしたワクチン候補を開発している。これまでの経験を生かし、新型コロナのワクチン開発に着手する。一般的なワクチンはウイルスを鶏卵などで増やすため1年~1年半近い時間がかかるが、アンジェスの手法を使えば6カ月ほどでワクチンを製造できるという。製造はタカラバイオが担当する。

新型コロナに対する予防ワクチンの開発は世界で進んでいる。英グラクソ・スミスクライン(GSK)や仏サノフィ、米ジョンソン・エンド・ジョンソン、米イノビオ・ファーマシューティカルズや米モデルナ、米ノババックスなどが開発を表明している。

アンジェスは大阪大学発の創薬企業。2002年に東証マザーズに上場。19年には日本初の遺伝子治療薬を上市した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]