[FT]ラガルドECB総裁に迫る利下げ圧力

2020/3/5 13:19
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は就任から4カ月で、早くも正念場を迎えている。新型コロナウイルスの感染拡大による経済的な影響への対応が問われているからだ。

米連邦準備理事会(FRB)による3日の緊急利下げを受け、他の中央銀行も対応を迫られている。なかでも、12日に理事会開催を控えたECBへの圧力が高まっている。

同理事会は新型コロナが世界経済に打撃を及ぼして以降、主要国・地域の中銀で初の定例…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]