/

密室での感染警戒 大阪ライブハウス、クラスター連鎖か

感染した4人が訪れていたライブハウス「Soap opera classics-Umedaー」(5日午前、大阪市北区)

新型コロナウイルスを巡り、大阪市内のライブハウスで小規模な感染者集団「クラスター」が連鎖した可能性が出てきた。複数の感染者が見つかっている大阪市都島区のライブハウスに関連し、4日夜には同市北区のライブハウスでも4人の感染が判明。うち1人は両ライブハウスを訪れていた。大阪府などは集団感染が相次ぎ発生したとみて、さらなるクラスター発生を防ぐべく感染経路の特定などを急いでいる。

「都島区のライブハウスが出発点で、北区のライブハウスに広がったと今の段階では思う」。吉村洋文知事は4日夜の記者会見で、真剣な面持ちで話した。

府は4日、府内で9人が新たに感染したと発表した。このうち3人は感染確認が相次いでいる大阪市都島区のライブハウス「Arc」の訪問者。府が危機感を一段と強めるのは、都島区とは別のライブハウスのイベント参加者で感染者が見つかったためだ。

都島区のライブハウスでは、2月15~16日に複数のバンドが出演したコンサートの参加者のうち、3月4日に大阪府や東京都、京都府、熊本県で新たに感染者が確認。これまでに感染者は計15人に膨れ上がっている。

4日に感染者が判明したのは、大阪市北区のライブハウス「Soap opera classics Umeda」。同日、北区のライブハウスの2月19日午後6時開演、同23日の午後1時開演と午後7時開演のいずれかのイベントに参加した計4人の観客や関係者が感染していることが分かった。

さらに4人のうち、4日に感染が判明した大阪府内の30代男性が都島区と北区の両ライブハウスを訪れていたことも発覚。この男性は2月16日に都島区、19日と23日に北区のライブハウスに関係者として滞在していた。

男性は16日時点では症状がなかったが、19日の北区のライブハウスのイベント後の20日、鼻水が出るようになった。府は、この男性が16日の都島区のコンサートで感染が判明している人と接触し、北区のライブハウスに広がった可能性があるとの見方を示している。

ライブハウス訪問者の家族や知人、職場へも影響が及んでいる。大阪国税局は4日、新たに感染が確認された府内在住の60代女性は堺税務署の職員で、北区のライブハウスを訪れていたと発表した。

女性は堺地方合同庁舎で勤務しており、同庁舎には大阪地検堺支部や大阪法務局堺支局などが入っている。内部事務従事のため確定申告に関する業務には携わっていないという。夫が下京税務署(京都市)勤務だったため、消毒作業のため両税務署の総合窓口業務を一時中断することとした。

大阪府は両ライブハウスの訪問者の特定に力を入れるが、連絡先の把握などは難航している。都島区のライブハウスを訪れた少なくとも90人以上の連絡先が不明のまま。北区のライブハウスの3回のイベントは計170~180人の参加者がいたというが、連絡先把握に至っていない。府は国立感染症研究所などの専門家でつくる「クラスター対策班」と連携してライブ参加者や接触者情報を収集するとともに、感染経路の解明を進める。

連鎖なら感染急拡大も


 感染症に詳しい大阪大医学部付属病院の朝野和典教授は「ひとつのクラスターから新たなクラスターを生み出した可能性がある。こうした感染の連鎖が続けば、急激な感染拡大につながる恐れがある」と指摘する。
 朝野教授によると、長時間の密室空間になることを避けることが望ましいとした上で、「人を集める場合には、なるべく広い空間や少人数で集まる工夫、こまめな換気を心がけるなど、危機感を持って対策を講じることが必要だ」と話した。
新型肺炎

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン