羽田新ルート、「二重基準」で混乱 安定着陸の壁に

2020/3/5 11:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京都心の上空を航空機が飛ぶ3月29日の羽田空港新ルート運用開始まで1カ月を切った。ここにきて国土交通省が導入する新着陸方式を巡り、航空会社の間で混乱が起きている。機体を降下させる時の角度(降下角)が事実上のダブルスタンダードになっているからだ。このままでは世界から集まる航空機の安定操縦を妨げかねない。

「国交省は統一案を示すべきだ」「新方式に対応できない機材はどうすればいいのか」。3月2日、国…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]