米ネット直販「D2C」、実店舗にも進出 行動データ収集の場に

2020/3/5 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「ダイレクト・ツー・コンシューマー(D2C)」と呼ばれるネット直販ビジネスの「店舗進出」が米国で相次いでいる。販路拡大や顧客動向調査の場として店舗の役割が再評価されているためだ。D2C向けの店舗ビジネスを手がける新興企業が生まれているほか、実際に店舗をテコに売り上げを増やしたD2C事業者も出てきた。空き店舗対策に悩むショッピングセンターが誘致に目を向けるなど、デジタル時代の申し子とされたD2Cが…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]