/

熊本知事選告示 現新2氏届け出

任期満了に伴う熊本県知事選は5日告示され、いずれも無所属で、元熊本市長の新人幸山政史氏(54)、4選を目指す現職蒲島郁夫氏(73)の2人が届け出た。22日に投開票される。

2016年4月の熊本地震の復興政策や人口減少対策が争点。幸山氏は国民民主党と社民党の県組織がそれぞれ支援、支持し、共産党県委員会の自主的支援を受ける。蒲島氏は自民、公明両党の県組織が支援し、連合熊本が推薦する。

県内では新型コロナウイルス感染が確認され、県選挙管理委員会が期日の延長も検討したが、今後の状況が見通せないなどとして予定通りの実施を決めた。

両陣営は大勢の支援者を集めた出陣式を見合わせたり、集会や有権者との握手を自粛したりするなど、選挙戦は異例の展開となっている。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン