/

この記事は会員限定です

和製ファンド「脱・個人商店」

増える案件、経営に持続性

[有料会員限定]

国内投資ファンドが「脱・個人商店」へ、経営体制を見直している。ユニゾン・キャピタルは創業トップが退任して共同代表制に切り替え、アドバンテッジパートナーズ(AP)は外部の資本を受け入れた。不振企業の救済など大規模な案件が中心だった国内ファンドだが、今や事業承継がらみの小規模な案件を多数こなすなど「平時」の役割が増えてきた。これに合わせ、ファンドの経営も個人技に頼らない、持続性重視の体制へとシフトする...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り972文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン