東電、原発計画の東通村に2億円寄付

2020/3/4 20:17
保存
共有
印刷
その他

東京電力ホールディングスは4日、青森県東通村に約2億円を寄付すると発表した。寄付は19年から2年連続。東電は同村で東通原子力発電所の建設を目指しており、事業推進に向け地元との関係強化を図る。寄付金は子育て支援や特産品のPR事業などに使われる。

東通原発は東日本大震災の影響で建設が中断。東電は中部電力日立製作所東芝の4社での共同事業化を目指す方針を掲げている。

寄付は企業版ふるさと納税制度を通じて実施。東通村の19年度の事業費用に充てられる。東電は前年も約2億円を寄付しており、教育環境の整備などに活用された。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]