/

この記事は会員限定です

ロッテ重光会長 過去最大のリストラ 200店を閉鎖

[有料会員限定]

【ソウル=細川幸太郎、東京=大林広樹】韓国ロッテグループの経営トップである重光昭夫(辛東彬=シン・ドンビン)会長が日本経済新聞の取材に応じた。同氏は朴槿恵(パク・クネ)前大統領への贈賄罪に問われた事件で一時収監され、2019年10月に執行猶予付きの有罪判決を受けた。韓国経済が振るわず、グループ経営が厳しさを増すなか、同氏はインタビューで「過去の成功体験はすべて捨てる」と語り、売上高8兆円の巨大財閥...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1975文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン