[社説]ウェルチ革命が遺したもの

2020/3/4 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

1981年から20年にわたって米ゼネラル・エレクトリック(GE)の会長を務めたジャック・ウェルチ氏が死去した。事業の「選択と集中」を経営の旗印に掲げ、日本企業にも大きな影響を与えたウェルチ革命の価値は今も古びてはいない。

カリスマ経営者によくあることだが、ウェルチ氏にも毀誉褒貶(ほうへん)がつきまとう。

就任直後は「ニュートロン(中性子)ジャック」と呼ばれた。経営再建のための人員削減が、建物は壊…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]