/

この記事は会員限定です

OPECとロシア、日量100万バレルの追加減産検討

[有料会員限定]

【ウィーン=岐部秀光】石油輸出国機構(OPEC)はウィーンで5日に開く臨時総会と、6日のロシアなど非加盟の主要産油国との会合で、低迷する原油価格を下支えするため、協調減産を強化する方針だ。新型コロナウイルスの感染拡大による世界の生産活動への打撃が深刻なため。OPECを率いるサウジアラビアは減産幅を日量100万バレル程度、追加して広げたい立場とみられる。輸出市場でのシェア低下を懸念するロシアなどとの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1229文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン