新ブランド米、苦戦浮き彫り デビューから値下がり

価格は語る
2020/3/7 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

乱立するブランド米の優勝劣敗が鮮明になってきた。新ブランド米のデビュー時からの小売価格の推移を追跡してみたところ、「いちほまれ」(福井)など多くの銘柄で1割前後値下がりしていた。一方、「青天の霹靂(へきれき)」(青森)は健闘しているが値上がりは小幅だ。ブランド米競争は多くが惨敗と、限界感も見せ始めている。

■値下がりは8銘柄中4銘柄

小売価格は、全国小売店の販売データを集計する日経POS情報のブラ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]