7/13 7:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 危機下の預金・現金急膨張 コロナ後バブル生む?[有料会員限定]
  2. 2位: 企業価値、コロナで一変 リーマン以来の順位激動[有料会員限定]
  3. 3位: ファンケル、コロナでも増益 自前DXで販促素早く[有料会員限定]
  4. 4位: 「出遅れ日本」の目覚め 投資の好機とみる海外勢[有料会員限定]
  5. 5位: REIT時価総額、物流型が一時トップに コロナで揺らぐ投資尺…[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,859,760億円
  • 東証2部 67,452億円
  • ジャスダック 91,493億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.16倍 --
株価収益率18.46倍19.96倍
株式益回り5.41%5.00%
配当利回り2.11% 1.74%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,290.81 -238.48
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,290 -190

[PR]

マーケットニュース

フォローする

調達わずか5000万円 VC依存・市場軽視じわり
IPOトレンド分析(上)

2020/3/4 20:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新規株式公開(IPO)の姿がじわりと変化している。この数年は毎年80~90社ほどの上場が続き相場は安定。人工知能(AI)やフィンテック関連など、将来の成長期待が大きな企業も増えてきた。一方で、投資をする際には従来の「常識」が通用しないケースも出てきている。

「自社の戦略を話す必要はない」。2月7日に上場した地域情報サイトのジモティーの加藤貴博社長は記者会見をしなかった。投資家への説明を軽視する姿…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム