/

選抜高校野球、開催なら無観客 11日に開催可否判断

(更新)

日本高野連は4日、大阪市内で第92回選抜高校野球大会の運営委員会と臨時理事会を開き、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、19日に甲子園球場で開幕予定の同大会は無観客を前提とした上で、開催可否の決定は11日の臨時運営委員会に持ち越すことを決めた。

理事会後に記者会見した日本高野連の八田英二会長は、ウイルス感染の専門家らの意見を聞きつつ協議してきたものの、「(感染拡大が)終息に向かうのか読み切れていない」と結論持ち越しの理由を説明。安倍晋三首相が「この1、2週間が感染拡大防止に極めて重要」と全国的なスポーツイベントの中止や規模縮小を要請した2月26日の2週間後にあたる11日に、結論を出すことにした。

無観客での開催となった場合、出場校の生徒や関係者の客席での応援も認めない。大会会長の丸山昌宏毎日新聞社社長は「早く決めてあげないと学校も生徒も混乱する」と話した。出場校には15日まで練習試合や遠征合宿の自粛を要請。甲子園での大会前練習や開会式は取りやめ、13日の組み合わせ抽選会は各校の主将でなく主催者による代理抽選とする。

高校スポーツでは3月に開催予定だったラグビーやハンドボールの全国大会の中止が決定。日本高野連でも大会中止の是非を議論してきたが、八田会長は「球児の夢の実現のために、大人として最大限できることを最後までやる」と、ぎりぎりまで開催の可能性を模索する姿勢を表した。

選抜大会は太平洋戦争の影響で1942~46年に中断したが、無観客での実施となれば、甲子園大会では春夏を通じて初めてとなる。地方大会では、2010年に口蹄疫(こうていえき)の感染拡大防止へ全国選手権の宮崎大会の一部試合が観客を入れずに行われた例がある。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン