「割安で守り」関西のホテル・旅行各社 新型コロナで

2020/3/5 2:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

関西の観光関連各社が新型コロナウイルスの感染拡大による需要減少への対策を急いでいる。阪急交通社は割安なホテルの客室を組み込んだ旅行商品を企画し、帝国ホテル大阪は会員獲得キャンペーンを始めた。利用者減を受けて清掃体制をスリム化するホテルもある。感染拡大が続くなか、コスト削減や終息後もにらんだ販売促進で業績への影響を和らげる。

観光業界では利用者減を受け、ホテルの宿泊料金が下がっている。日本経済新聞…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]