訪日客、マスク爆買い 1月のドラッグ店、前年の9倍

2020/3/4 17:43
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

マーケティング支援のトゥルーデータ(東京・港)によると、ドラッグストアの1店舗当たりのインバウンド購入金額は1月、1年3カ月ぶりに増加した。マスクの購入が前年同月比で9倍に膨れ上がり、購買金額全体を押し上げた。新型コロナウイルスによる肺炎の影響でマスクを購入する訪日外国人が多かったとみられる。

トゥルーデータが全国のドラッグストアのPOS(販売時点情報管理)データをもとに調査した。都市部などイン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]