/

日本製鉄と神戸製鋼、道路建材事業を統合

日本製鉄神戸製鋼所は4日、防護柵の製造や販売など、道路関連事業を統合すると発表した。2021年4月1日付で子会社が手がける事業を統合し、新会社を設立する。新会社の売上高は300億円程度を見込む。少子高齢化で国内の公共工事などの需要が縮小するなか、経営資源を統合して収益を維持するねらい。営業拠点や製造拠点などの集約も進める。

日本製鉄子会社の日鉄建材(東京・千代田)の道路関連事業と、神戸製鋼所子会社の神鋼建材工業(兵庫県尼崎市)の全事業を統合する。日鉄建材が65%、神戸製鋼所が35%を出資し、日鉄神鋼建材(東京・千代田)を設立する。

統合により日鉄建材の大阪製造所(大阪府高石市)にある防護柵の製造設備を、2年後をめどに休止。両社で3カ所ある防護柵の製造拠点を2カ所に集約する。

日鉄建材では道路関連事業が売上高全体の1割程度を占め、19年3月期で約130億円。神鋼建材工業は防護柵や防音壁を主力とし、売上高は約130億円。統合後の新会社の従業員数は明らかにしていない。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン