/

この記事は会員限定です

インド洋変調が豪で火災招く、海水温差で異常気象

[有料会員限定]

オーストラリアの森林の少なくとも2割を焼き尽くした大規模な森林火災は、落雷や火の不始末などで発生したが、半年以上も燃え続けた原因は観測史上まれな高温と乾燥だ。異常気象をもたらしたとされるのがインド洋熱帯域の海の水温差によって発生する「ダイポールモード現象」で、世界各地の気象に変化をもたらす。日本の暖冬との関係も指摘されている。

ダイポールモード現象とは、インド洋で発生するもので、大気と海洋が関わっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1776文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン