インド洋変調が豪で火災招く、海水温差で異常気象

2020/3/5 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

オーストラリアの森林の少なくとも2割を焼き尽くした大規模な森林火災は、落雷や火の不始末などで発生したが、半年以上も燃え続けた原因は観測史上まれな高温と乾燥だ。異常気象をもたらしたとされるのがインド洋熱帯域の海の水温差によって発生する「ダイポールモード現象」で、世界各地の気象に変化をもたらす。日本の暖冬との関係も指摘されている。

ダイポールモード現象とは、インド洋で発生するもので、大気と海洋が関わ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]