/

瀬戸大橋、毎晩ライトアップ 夜間観光後押しへ4月から

瀬戸大橋は7月7日を除き毎日点灯する=本四高速提供

本州四国連絡高速道路(本四高速、神戸市)は4月1日からクールアース・デーの7月7日を除き瀬戸大橋を毎日ライトアップする。点灯日数を2019年度の136日から大幅に増やして香川、岡山両県の夕刻から夜間にかけての観光振興を後押しする。

瀬戸大橋は瀬戸内海国立公園の「特別地域」にあり、本四高速は環境省との間で点灯ルールを定めた指針をまとめていた。年間の点灯日数や点灯時間の上限を定めていたが、地元の要望や有識者委員会でまとめた基本方針を踏まえて同省と協議し、20年度は7月7日を除き毎日点灯させることを決めた。

ライトアップは日没とともに始まり、午後9~10時まで点灯する日が多い。天体観測に配慮して、早めに消灯する日も設けている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン