/

この記事は会員限定です

新型コロナが荒らす金相場 40年ぶり最高値あるか

編集委員 志田富雄

[有料会員限定]

金の国内小売価格が1980年の過去最高値に接近した。先週末には新型コロナウイルスの感染拡大が世界経済に深刻な影響を及ぼすとの懸念から金にも売りが膨らむ場面があったが、米国の緊急利下げで価格は急回復した。先物市場には投資過熱もみられ、当面は荒っぽい動きが避けられない。それでも40年ぶりの最高値更新は目前だ。

Nikkei Views

編集委員が日々のニュースを取り上げ、独自の切り口で分析します。

リスクには強いとされる金も、先...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1691文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン