/

道内国立3大学、統合新法人名は「北海道国立大学機構」

2022年4月に運営法人の統合を目指す小樽商科、帯広畜産、北見工業の北海道内国立3大学は4日、経営体制や教育研究の方向性をまとめた中間報告を発表した。統合新法人は「北海道国立大学機構」とし、本部を帯広市内に置くことを決めた。各大学が離れ、距離克服が課題となる遠隔教育については20年度以降、段階的に実施していく方針も示した。

3大学が共同で公表した「中間まとめ」によると、経営は法人トップの理事長を学外者とし、3大学の学長が理事を兼ねる。21年度に法人設立準備委員会を設置し、理事長候補を選ぶとした。

遠隔教育ではテレビ会議に加え、スマートフォンやパソコンを使った授業動画の配信システムを組み合わせた手法を導入する。3大学の学生が農・商・工の領域を超えた「文理融合」の科目を履修できる教育プログラムも22年4月から実施する方針だ。

研究面はスマート農畜産業(帯広畜大)、観光ビジネス(小樽商大)、防災(北見工大)を重点分野として各大学拠点が連携。産学官で実証試験や共同研究を推進できる体制整備にも取り組む。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン