/

この記事は会員限定です

社員の新型コロナ感染 「公表したくない」にリスク

[有料会員限定]

「社員が新型コロナウイルスに感染したら公表すべきでしょうか」――。企業がウイルス感染が判明した従業員について情報公開をどうすべきか苦慮している。危機管理や情報保護を専門とする弁護士にも多数の問い合わせが寄せられているが、「一律にこうすべきだ」というルールや判断基準はない。「できれば公表したくない」という本音があるなかで、経営者が判断を問われる場面も増えそうだ。

「公表したくない」

国内でのコロナウイルスの感染が広がる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1688文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン