札幌開拓、秘められた歴史 縄田一男氏が選ぶ3冊
楡の墓 浮穴みみ著

読書
2020/3/5 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

明治初年代のサッポロ=さとほろ開拓秘史全5編から成る名作集成である。普通、名作とはある程度時代の錬磨を経た作品を指すものだが、この一巻は刊行即名作といって良いのではあるまいか。私の本書に対する思い入れはそのくらい強い。

巻頭に据えられた表題作は冒頭の3行からして衝撃的だが、この一編は猫の目のように変わる中央政府の方針に振り回された開拓の祖大友亀太郎の真意、開拓とは人を拓くことなり、を理解した流れ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]