/

この記事は会員限定です

中銀デジタル通貨、日銀・財務・自民三様の中国警戒

経済部 坂口幸裕

[有料会員限定]

自民党内で円のデジタル化を促す動きが出ていることに日銀が神経をとがらせている。日銀は欧州中央銀行(ECB)などと中銀デジタル通貨(CBDC)に関する共同研究に着手したものの、現時点で発行そのものの計画はない。議論が生煮えのまま発行を迫られかねない――。世論を瀬踏みしながら潜行して検討する意向だった日銀は政治圧力に身構えている。

「まだ脅威でなく、慌てる必要はありません」。2月上旬、ある日銀幹部は安倍晋...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1051文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ニュースの裏側や隠れた視点、次の展開を読む動きを紹介するコラムです。原則、週初に公開します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン