/

東京・世田谷、古い木造住宅の除去費用を助成

東京都世田谷区は4月から、区内にある古い木造住宅を除去する際に費用の一部への助成を始める。1981年5月末までに着工した「旧耐震基準」に基づく建物の中で、耐震性のない物件を対象とする。大規模地震などに伴う建物の倒壊や火災といった被害の拡大を防ぐ。

世田谷区は古い木造住宅の除去に助成する(世田谷区役所)

建物の所有者に対して、除去工事にかかる費用の一部最大50万円を給付する。法人は助成の対象に含めない。期間は2021年3月末までとする。

16年3月時点で、世田谷区内の住宅の耐震化率は87%と推定されている。区は20年度までに、除却や建て替えを促進し95%へ高める目標を掲げる。保坂展人区長は「制度を使いながら、災害に強い街づくりを進めていきたい」と話す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン