/

島津製作所、新型コロナ検査キット 「判定時間を短縮」

ノロウイルス用検査キットの技術を応用する(4日、京都市)

島津製作所は4日、新型コロナウイルス向け検査キットの開発に着手したと発表した。ノロウイルスの試薬技術を応用して、検体からたんぱく質などの不純物を取り除く工程を不要にした。ウイルス検出にかかる時間が大幅に短縮され、感染の有無の判定時間が短くなる可能性がある。3月中にも製品化し、医療機関や検査受託会社に供給を始める。

コロナウイルスの検査はまず鼻や喉から検体を採取する。たんぱく質などの成分を取り除き、ウイルスの遺伝子を増幅させて、ウイルスの有無を調べる。たんぱく質は遺伝子の増幅を阻害する作用があり、島津の「アンプダイレクト」と呼ぶ技術を使えば、阻害作用を防げる。手元にある検体からウイルスの有無を約1時間で判断でき、一般的に4~6時間かかるとされる従来製品に比べて大幅に短縮できる。

島津は3月中にもキットの開発を終え、京都市の本社工場で月2万~5万検体分を生産する方針。状況に応じて、最大10万検体分の生産も可能だ。開発に携わる四方正光遺伝子解析グループ長は「迅速な検査キットは医療現場から強く求められており、開発を急ぎたい」と話す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン