AI×健診で病気予防 米系医療情報のIQVIA

2020/3/4 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

健康診断と人工知能(AI)を融合させた新サービスが広がってきた。米系の医療情報会社IQVIAジャパングループ(東京・港)は300万人の健診・診療情報を学んだAIが発病リスクを算出するサービスを始める。NECもデータ活用に乗り出している。ビッグデータも活用した疾病予防の仕組みが整えば、社会保障費の増加を抑える効果も見込める。

IQVIAは個人向けに、スマートフォンアプリに入力してもらった健診結果か…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]