/

この記事は会員限定です

「高アル」人気、ビール会社の頭痛のタネ?

[有料会員限定]

市場拡大が続く缶酎ハイ市場でアルコール度数の高い「高アル」商品の存在感が高まっている。飲用量を抑えて手軽に酔いたいといった中高年世代の節約志向の需要をとらえ、高アル缶酎ハイの販売量はこの10年で約5倍に増加。コカ・コーラグループの新規参入もあり競争が激化している。ただ、ビール系飲料と缶酎ハイを合わせた市場規模は減少傾向だ。今年から酒税の改正も段階的に始まることもあり、高アル人気はビール会社にとって...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2461文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

「Bizレーダー」は話題のビジネスニュースの内幕や企業の隠れた思惑を、知られざるエピソードやデータに基づき、実際に現場で取材している記者ならではの視点で掘り起こすコラムです。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン