ロシア改憲案の全容判明 保守派取り込み、「院政」準備

2020/3/4 3:09
保存
共有
印刷
その他

【モスクワ=小川知世】ロシアのプーチン大統領が主導する憲法改正案の全容が3日、明らかになった。領土割譲を禁じる条文に加え、同性婚への反対や信仰への言及など保守的な内容が多く盛り込まれた。プーチン氏は2024年の大統領退任後も権力を維持する「院政」を目指しているといわれる。当面は4月22日の全国投票で改憲案への賛意を固め、体制移行を円滑に進める狙いだ。

ロシア憲法の改正を準備する作業グループの会合に出席したプーチン大統領(2月26日、モスクワ)=AP

プーチン氏は1月20日に改憲の関連法案を下院に提出した。2日には追加の改憲案を出した。これらの全文を大手ラジオ局「モスクワのこだま」などが3日に伝えた。

下院は10日に改憲法案を基本採択する予定で、プーチン氏の提案がほぼそのまま議会を通過する可能性が高い。追加の改憲案には、全国投票で実際の投票数の「過半数の賛成」が得られれば改憲法案が成立するという条項が盛り込まれた。

領土の割譲を禁じる条文について、プーチン氏は2月の13日と26日の法改正準備作業グループの会合で支持を表明した。

日本の北方領土や、14年に併合を宣言したウクライナ南部クリミア半島を巡る問題が念頭にあるとみられる。追加の改憲案の中でも「国境画定を除き、領土割譲に向けた行為、呼びかけを許さない」と言及した。

日本は北方領土問題の解決をめざし、ロシアと平和条約締結交渉を進めている。プーチン氏は領土の引き渡しに関する国民の懸念を打ち消すとともに、「国境画定」交渉の余地を残すことで、日本との協議の継続そのものは拒否しない姿勢をにじませた可能性もある。

追加案では公用語のロシア語を「国家を構成する民族」の言語と明記した。多民族国家のロシアで、ロシア人が中核的な役割を担うと示唆する内容で、民族主義的な傾向を持つロシア人の支持を獲得する狙いだ。

さらに「神への信仰」の保持や、「結婚は男女の結びつき」との条項も追加した。プーチン政権の支持基盤となっている保守的な価値観を重視する有権者に訴える。

ロシアの国としての位置づけは「ロシアがソ連の法的継承国である」とした。ロシアが旧ソ連を引き継いだ大国だとアピールする意図が透ける。愛国主義的な文言も多く、第2次世界大戦を念頭に「祖国防衛での偉業の意義を損ねることを許さない」と盛り込んだ。

プーチン氏は退任後の権力維持をにらみ、改憲作業を急いできた。改憲案からはできるだけ多くの賛成票を獲得したい思惑が透ける。政権の基盤を強化し、体制移行期に社会が不安定になるのを避けたい考えだ。有力紙RBKによると、大統領府は2月に各州副知事らとの会合で、改憲案への全国投票の目標が「投票率60%、賛成70%」だと示した。投票日を休日にするなど、投票率の引き上げに躍起のようだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]