米、大幅利下げで先手 長期戦なら「弾切れ」リスクも

2020/3/4 1:03 (2020/3/4 2:39更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ワシントン=河浪武史】米連邦準備理事会(FRB)は3日、11年半ぶりに臨時会合による利下げを決定した。2008年秋の金融危機以来の緊急措置をとることで、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う景気不安に先手を打つ狙いがある。ただ、政策金利は1%強にまで下がり、先行きの緩和余地は一段と乏しくなった。長期戦となれば金融政策は「弾切れ」のリスクもある。

FRBが利下げを決定したのは、主要7カ国(G7)が3…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]