/

福島・双葉町、初の避難指示解除

東京電力福島第1原子力発電所事故で全町避難が続く福島県双葉町の一部地域に対する避難指示が4日午前0時、解除された。復興に向けた動きが新たな段階に入る。14日に控えるJR常磐線の全線開通に合わせた措置。町内ではこれとは別に立ち入り規制が緩和される区域が設定される。2022年春の住民帰還を目指す町は、準備に弾みを付けたい考えだ。

避難指示が解除されるのは、海岸部にある避難指示解除準備区域(約200ヘクタール)に加え、立ち入りが厳しく制限される帰還困難区域のうち双葉駅や線路、周辺の道路など、町の4%にあたる。

帰還困難区域の避難指示解除は初めてで、常磐線沿線にある大熊町と富岡町の一部でも、それぞれ5日と10日に実施される。原発事故で不通となっていた常磐線の富岡―浪江間(約20.8キロ)の運行再開が可能になる。

今回の解除に伴い、双葉駅を中心とした「特定復興再生拠点区域」(約560ヘクタール)が設定され、宿泊はできないが原則24時間、自由に立ち入りができる「規制緩和区域」となる。町は、今回の解除や緩和措置を機に人やモノの往来が本格化すれば、22年春を目標とする住民帰還のための環境整備が進むと期待する。

ただ町が実施した住民意向調査では大半が「帰還するつもりがない」と回答しており、課題もなお多い。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン