/

この記事は会員限定です

公衆衛生施策の効果示す感染症の「基本再生産数」

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

新型コロナウイルスによる感染症の特徴を調べるため、各国の研究機関で感染者数などの様々なデータを使った数理モデルの研究が進む。感染者数や致死率などに加え、注目を集めるのが一人の感染者から何人に感染が広がるかを示す「基本再生産数」だ。感染症数理モデルを専門とする東京大学の稲葉寿教授に、基本再生産数の数字の受け止め方や感染症の数理モデル研究の現状について聞いた。

――流行の勢いは何で決まるのでしょうか。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1099文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン