京都市の50代女性感染 大阪のライブハウス来訪

2020/3/3 22:25
保存
共有
印刷
その他

京都市は3日、市内の50代女性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。女性は2月15日と16日、複数の感染者が確認された大阪市のライブハウス「Arc」を訪れていた。現在、発熱やせきの症状はないが入院する。京都市で感染が確認されたのは3人目。

【関連記事】 大阪のライブ参加者の把握難航 90人超の連絡先不明

京都市によると、女性は派遣社員として、約300人が働く京都中央信用金庫事務センター(同市南区)で勤務。市内の飲食店でアルバイトもしており、2月20日と28日、29日に飲食店でマスクをせず接客に当たった。市は同僚らの健康状態を観察する。

女性は2月21日に発熱があり、24日に病院を受診。熱は下がったが、その後、ライブハウスに関する報道を見て不安になり、市の相談センターに電話した。

市は、女性が通勤に利用していた可能性のある地下鉄や市バスの車両などを消毒する。一緒にライブハウスを訪れた50代女性に軽い肺炎症状があり、市が検査している。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]