/

大阪のライブ会場、新たに感染者 認可保育所へ出勤

園児ら健康観察

(更新)

大阪府は3日、府内在住の40代の女性保育士と50代の男性会社員が新型コロナウイルスへの感染が判明したと発表した。女性は複数の感染者が確認されている大阪市都島区のライブハウス「Arc」を訪れていたという。京都市や神戸市でもライブハウスに訪れた観客の感染が発覚。3日までのライブハウス訪問者の感染者は計8人となった。

吉村洋文知事は3日夜の記者会見で、2月15~16日にライブハウスを訪れた人は症状に関わらず全員を検査対象とする方針を明らかにした。吉村氏は「明らかに小規模のクラスター(感染者の集団)が生まれていると思う。別のクラスターを生まないためにも、訪問者は自宅近くの保健所に連絡してほしい」と呼びかけた。

府によると、保育士の女性は2月15日、ライブハウスで行われたコンサートに参加した。26日に腰痛で解熱剤を服用。3月2日にライブハウスを巡る報道を見て新型コロナ受診相談センターに相談し、3日に陽性が判明した。

女性は2月26~28日、大阪市内の大規模認可保育所に出勤していたといい、今後、100人以上の園児や職員の健康観察をする。保育所は4日から休園する方向で調整中だという。女性は日ごろからマスクを着用していた。

ライブハウスを巡っては国立感染症研究所(東京・新宿)が大阪市保健所に「クラスター対策班」として専門家を派遣。府・市と協力して感染源や感染経路の解明に取り組んでいる。

一方、50代の男性会社員は23日に発熱。その後熱が引かず、3月2日に相談センターに相談し、3日に陽性が判明した。2月23日は大阪府枚方市内の職場に出勤したが、その後は出勤していなかったという。現時点では感染経路などは不明だという。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン