携帯値下げ第2幕 楽天「料金半額」、大手は対抗模索

2020/3/3 20:20
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

3日、携帯料金プランを発表した楽天の三木谷浩史会長兼社長

3日、携帯料金プランを発表した楽天の三木谷浩史会長兼社長

楽天は3日、4月に本格参入する携帯電話サービスの料金プランを発表した。自社のネットワーク内でデータ上限なしにする料金プランはNTTドコモなど大手の半額以下となる。楽天の本格参入で携帯値下げ競争の「第2幕」が始まるが、楽天の自前の提供エリアは大都市圏に限られ、大手がすぐ対抗値下げするかは不透明だ。楽天が通信網の整備で品質を確保し、契約数を拡大できるかが競争の行方を占う。

2019年10月に始まった携帯新ルールでは違約金を1千円以下にするなどして値下げ競争につながることが期待された。しかし、楽天が本格参入を延期し「第1幕」は不発に終わっていた。

「衝撃的な価格を実現した」。楽天の三木谷浩史会長兼社長は3日のネット中継の記者会見で強調した。楽天は自社通信網で、データ通信量の上限のない月額2980円の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]