三重苦の北海道スキー、最終盤に新型コロナ直撃

2020/3/4 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大で北海道のスキー場は三重苦に陥った。日韓関係悪化に空前の雪不足による出遅れと逆風続きだった今シーズン、最終盤を襲った新型ウイルスは最大の試練だった。北海道の鈴木直道知事による外出自粛要請に端を発した自粛ムードが収まる気配はなく、散々だった冬はこのまま過ぎ去りそうな気配だ。

旭川市の「カムイスキーリンクス」は2月29、3月1日の週末、来場者が昨年の4分の1程度の400~…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]