連合傘下にミャンマー人労組 多様な働き方目配り

2020/3/3 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本企業で外国人の働き手が増えるなか、在日ミャンマー人でつくる労働組合がこのほど連合傘下で中小製造業を中心に構成する産別労組に加盟した。大規模労組に外国人労組が合流するのは珍しい。別にブータン人の組織も加わる予定だ。人手不足で企業の外国人への依存度は高まっている。労組は近年非正規雇用の待遇改善に注力してきたが、外国人も含めた多様な働き方を促す契機にもなる。

厚生労働省によると、2019年10月末…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]