東南アジアで竹の除菌剤 タケックス・ラボ岡田久幸社長
(ポートレート)

2020/3/4 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

スタートアップのタケックス・ラボ(大阪府吹田市)は、竹を使った体にやさしいアルコール除菌剤を製造・販売する。社長の岡田久幸氏(56)は気温が高く病原菌が繁殖しやすい東南アジアこそ需要開拓の余地があると決断、マレーシアに進出した。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、受注を伸ばしている。

父が竹細工職人だったことから竹は身近な存在だった。竹は皮を剥ぐとカビが発生しやすく、いつしか「皮の部分にカビを抑…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]